昇気館主催「第14回若龍杯空手道選手権大会」

10月6日(日)横大路体育館にて、昇気館主催「第14回若龍杯空手道選手権大会」に、

長岡道場より17名の選手が出場!。熱戦を繰り広げて参りました!(^^)!。

出場選手は、長岡黎・慎、山口翔馬・葵実、江上龍導、相澤拓眞・陽眞、杉浦優海、山崎航汰、藤原蒼真、

吉良琉希、沼田千尋・千里、杉原棟馬、荒井琴美、中西梨愛・慶次郎。

年々出場選手のレベルが上がっており、今年もいりんな地域から強者がたくさん参戦。

長岡道場の選手たちも全力でぶつかりました!。

今回入賞者は

準優勝…高校生男子・重量級 山口翔磨

第三位…小学6年女子の部 沼田千尋

小学3年女子の部 沼田千里 の三人!

翔磨はこれまで戦ったことのないタイプとレベルの相手。

中々間合いに入れず、難しい試合だったと思う。凄く勉強になった決勝戦でした。

 

千尋は上段蹴りが相手選手の頭上を通過する、というのが又あったね。

自分が上下動しすぎるので、目標と焦点がずれるのだと思う。修正しよう!。

千里は全体的にバランスがいい。もう少し腰を落とし踏み込んでパンチ、蹴りを出していこう!。

今回は、腹に膝蹴り、ミドル、ボディアッパーなどをもらっての技あり、一本負け、という悔しい負け方した選手が多かった。

今までの大会では判定負けはあったけど、「腹を効かされてダウンする」ってほとんど経験ないと思う。

 

 

それもほとんどが体格差のない相手に効かされて負けた。ほんと悔しかったと思います。

 

 

しかし、この大会は本当に勉強になった。相手選手ができたことは、自分もできる!。

みんな負けた相手の顔と名前は忘れられないと思う。

次対戦した時は必ずリベンジする!。絶対に勝つ!。という思いを胸に、これから稽古に励んでほしいな(^^)。

リベンジして嬉しい涙を流そう!

師範共々、みんなが強くなるために精一杯サポートしていきます!

みんなは道場外でも、拳立て、腹筋、柔軟など自分でできる努力を頑張ってください。

強い選手は、地味なしんどいことを毎日コツコツと続けていますよ(^^)。

最後になりましたが、昇気館・中川会長。素晴らしい大会に招待して頂き本当にありがとうございました!

押忍

 

 

Follow me!